テレビ塔付近には札幌彫刻の先駆者たちの作品が勢揃い。設置から半世紀を超えた作品がいくつもあります。見て触れて、アートをどんなふうに写真に撮るか考えてみよう。
夕方から大通周辺を散策しながらスマホで撮影をして、チェキでプリント。みんなでお弁当を食べ、日が暮れたら撮った写真をビルの壁に大きくプロジェクションして見てみます。普段小さな画面で見ている写真を街に出現させてみよう。

講師酒井広司南阿沙美
開催日時|9月3日(日)16:00〜21:00
16:00 わくわくホリデーホール前集合
16:30〜18:30 撮影
18:30〜19:30 チェキ印刷+食事(お弁当を用意します)
19:30〜21:00 NHK札幌放送局の壁に投影
※雨天の場合は札幌市資料館に集合、大通公園西方面を撮影し、資料館にて投影を行います。
※雨天の場合は当日の14時までに集合場所をご連絡します。ご予約時にすぐ連絡できるよう、連絡先をお伺いします。
集合場所|わくわくホリデーホール前
札幌市中央区北1条西1丁目 地下鉄大通駅31番出口正面
持ち物|写真撮影機能のついたスマートフォン
※事前にアプリ「スマホdeチェキ」をインストールしてご参加ください
※写真印刷、投影には「Google フォト」を使用します。
定員|20名(先着順)
彫刻と人を一緒に撮ることを想定し、2名以上のグループでの参加が望ましいですが、1名での参加も可能です。
参加費|1,000円 (pipinのお弁当、お茶、チェキフイルムつき)
※参加者にはSAPPORO ARTripガイドブックを進呈。
お問合せ・申し込み|TO OV cafe/gallery
toovcafe@gmail.com TEL 011-299-6380
申し込み締め切り|9月1日(金)

協力|富士フイルムイメージングシステムズ株式会社、わくわくホリデーホール、NHK札幌放送局